2008年6月30日月曜日

ドイツ3泊4日 ミュンヘン後編



引き続きミュンヘンをぶらぶら。

大きな街ですが旧市街は歩いて回れるほどの大きさ。
たくさんの綺麗な建物があって刺激的。

旅行の高揚感は連日の街歩きの疲れに勝ります。
まだまだ歩きまくり。



市庁舎の程近くにある 「ヴィクトリアエン市場」。

ミュンヘン最大の露店市場らしい。
この日は日曜日で大半の店は休業中。残念~。


市場の入り口で巨大なポールを発見。

これは「マイバウム」といって、ポールについている看板のようなものは職業を表すそうです。街の中心にこれを建てるのはバイエルン地方特有の風習らしい。

そういえばホーエンシュバンガウにもありました。
それにしても、デカイ。




続いては 「ケーニッヒ広場」 へ。
突然、現れるギリシャ建築群。

19世紀前半に、ギリシャ神殿の彫刻に感銘を受けたルードヴィヒ1世が美しい建物をミュンヘンに、とこれらの建築物を建設したそうです。

王様になれば何でもありだね。
というか、ギリシャに行ってみたい~。




今回は美術館の類にはほとんど行きませんでした。
そんな中、唯一立ち寄ったのが 「おもちゃ博物館」。

ドイツのおもちゃが所狭しと展示されてました。

ウチの奥様はシュタイフ社のぬいぐるみに釘付け。
ドイツ製なだけあって、丁寧な作り。

でもこれ高いんだよね~。


この辺で飛行機の時間が来たので街歩き終了。

とても綺麗で住むのもありかなと思えるいい街でした。

ある調査によるとミュンヘンの住みやすさは世界8 位。
ミュンヘンに限らずドイツは街が綺麗だし、色々整ってるからな~。

横浜は38位かぁ~。意外と低いな~。
ま、でも結局はどこでも住めば都なんだろうけど。


ということで、ミュンヘンはいいところでした。


ドイツ3泊4日 ミュンヘン前編



ミュンヘン中央駅に到着。
鉄道の旅は楽しい。

この日は土曜日。
到着したのは午後4時過ぎ。

ホテルに荷物を預け、商店が閉まる前に街へ。




さすがドイツ第3の都市。
高い建物に大きな通り、たくさんの人。

この日の気温は30度超。
アイス買って食べながら街をぶらぶら。

ミュンヘンはアルプス越えのフェーンの影響で気温が上がることが多いそうです。

あまりに暑いので三越の休憩所へ。
クーラー効いてて水も飲めるし、日本の空気も味わえるいいところです。

これでドイツの三越は全店制覇w
お世話になってますw



翌日も街をぶらぶら。
まずは市庁舎前の「マリエン広場」へ。

この市庁舎は約100年前に建てられたそうです。
中央部にはドイツ最大の仕掛け時計が設置されてます。

市庁舎の塔には上ることができるようです。

早速、展望台へ。
エレベータで楽々移動。



塔からの眺め。

高層ビルが立ち並ぶという感じではありませんが、はるか遠くまで建物で埋め尽くされていて「都会」という言葉がピッタリの街並み。

右の写真にある向かい側の教会の塔に人影が。
あちらにも上ってみようということに。



その教会(聖ペーター教会)の塔からの眺め。

こちらは300段近い階段。
これまたいい眺め。

ま、そんなに離れていないので市庁舎と同じ眺めです。
でも1つだけ違うところが…。




それは…、市庁舎が見えるところw

どの街も市庁舎は立派だけどミュンヘンのは特に素晴らしい。
暑い中階段上った甲斐ありました。


ミュンヘンの街は見所がたくさん。
これで半分くらい。


前半の最後にドイツ最大の仕掛け時計を少しだけ。
仕掛けは意外とあっさり…。


video

2008年6月28日土曜日

ドイツ3泊4日 フュッセン



2つ目の宿泊地に選んだのは「フュッセン」という街。

ロマンチック街道の終着地で、ミュンヘンからの列車もここが終点。
ホーエンシュヴァンガウ行きのバスはこの街から出ています。

写真は「ライヒェン通り」。
この街のメインストリート。小さな街です。



ライヒェン通りを進んだ先の丘の上にある 「ホーエス城」。
建物の壁の部分に出窓っぽく見えるように絵が描かれています。

遊び心なのか予算がなかったのか…。
写真だとバレバレですが、意外と良く描けてました。




城の塔からの眺め。

丘の上にあるだけあって街が一望できます。
小さな街の綺麗な街並み & オランダにはない ‘山’ 。

こういうのを見ると遠くまで来たな~と感じます。




少し足を延ばして郊外の「ヴィース教会」に行こうということに。
フュッセンからは20km程離れているので、バスで移動。

と、ここでトラブル発生。

きちんと調べずにテキトーに乗ったら、目的地の手前で終わるバスでした。 バスが止まったのは教会の5km 手前の地点。

次のバスは1時間後…。
話し合いの結果、ま、5kmくらいなら歩こう ということに。




ロマンティック街道を徒歩で移動。

牛や馬もいるのどかな景色。
最初のうちは、散歩もいいな~ とか思ってたけど…。

歩けど歩けど教会は見えず。この日は晴れ、気温30℃。
汗をかきつつ、結局1時間以上歩きました。

5km ってこんなに長かったのか…。




ヘロヘロになりながらも教会に到着。
牧場の真ん中でした。

この教会は、農婦が熱心に祈りをささげたところ涙を流したといわれているキリスト像を奉るために建てられたそうです。

立派な建物と内部を見学。
なかなかいいものを見ました。


と、ここでまたもやトラブル発生。

なんと、もう最終のバスがとっくに出てしまっていましたt_t。
まだ明るいのに…。

やばい、帰りも歩きか…。
と、一瞬思いましたが、幸い、教会近くでタクシー業者の広告を発見。

英語がイマイチ通じないので焦りましたが、電話口で地名を連呼して教会まで来てもらい、どうにか街まで戻ることが出来ました。

いや~、危なかった~ww




ぎりぎりまで街をぶらぶらしてフュッセン観光終了。
次の目的地へ。


炎天下の徒歩移動はさすがにキツかったけど今となっては良い思い出。
でもこれからは5km の移動はタクシーにします。

ということ、今回の教訓。

ご旅行は計画的にww


2008年6月26日木曜日

ドイツ3泊4日 ホーエンシュヴァンガウ



美しい城のある街、ホーエンシュヴァンガウ。
いかにも山あいの小さな街という雰囲気。

1泊だけですが宿泊したので長めに滞在できました。




この街のもう1つの城、「ホーエンシュヴァンガウ城」。

バイエルン王ルードヴィッヒ2世は、ここで幼少期を過ごしたとのこと。
彼の為に廃墟だったこの城は、改築されたそうです。

彼が生きたのは1800年代後半。今から140年程前。
普墺戦争とか普仏戦争の頃。ピンと来ないけど、思ったより最近。

王となった彼はこの街にノイシュヴァンシュタイン城を築きます。

ということで、この小さな街に豪華な城が2つ。
どちらの城もとても綺麗。

でももう少しアクセスしやすい所に建てて欲しかったなぁ。



城を見学した帰り道。
気分良く緑に囲まれた林道を歩いていると湖が見えました。

この湖の名前は、アルプ湖(アルプゼー)。
ご覧の通り、湖面が見たことないような青緑色でした。



とても気になったので湖の近くへ。

水面は少しだけ緑色に見えるかなぁっていうくらい。
魚も泳いでたし、意外と普通の湖でした。

なんであんな色に見えたんだろう?
ナゾです。

そんな湖に白鳥が2羽。

「ホーエンシュヴァンガウ」 の 「シュヴァン」は白鳥という意味らしい。
「ホーエン」と「ガウ」は、わかりません。



再びふもとへ。

街並みも綺麗だし言うことなし。
と言いたい所ですが1つだけ残念だった事が…。


この街、ハエが超多かった…。 どの飲食店もハエだらけ。
今までに経験したことない程、食事をハエに邪魔されました T_T

季節のせいかな~。いつもそうなのかな~。
これまたナゾですw。


ま、そんなこともありましたが、とても良い街でした。
また行きたいと思える素晴らしい街です。

お口直しに綺麗な景色をどうぞ。


2008年6月24日火曜日

ドイツ3泊4日 ノイシュヴァンシュタイン城



先週末は南ドイツのバイエルン地方へ行ってきました。

アムステルダムからミュンヘンへ飛行機で移動。
そこから電車を乗り継いで2時間。さらにバスに乗り換え。

最初の目的地、ホーエンシュヴァンガウに到着。
今回の旅行のメイン 「ノイシュヴァンシュタイン城」のある街です。

到着したのは午後6時過ぎ。元々この日は城へ行く予定がなかったのですが、まだまだ明るいので行ってみようということに。

城のある山を登るバスは既に営業終了。
城見たさに 40分程写真のような道を歩いて山登り。



城がよく見えるという 「マリエン橋」 に到着。
さすがにバスが終わってるだけあって誰もいない…。

右の写真は別の場所から撮った橋の様子。
この橋、なかなかスリリングです。



橋に2、3 歩足を踏み入れえると、バーンと城が見えました。
長時間移動して、さらに歩いて来た甲斐あって、想像以上に綺麗な城。。

帰りは別の道から下りたのですが、そこからも美しい城が見えました。

ウチの奥様がどうしても行きたいと主張していた理由がわかった気がします。




翌日は内部見学。
30分程で終了。豪華だけど意外とあっさりしたつくり。

残念ながら、内部は撮影不可でした。
公式ページ に写真が載ってるので興味のある方はどうぞ。

城内も綺麗でしたが、やはり外から見たほうがいいかな。




マリエン橋に移動し、城を眺めていると背後の傾斜地に人影を発見。
何だか険しそうでしたが、行ってみようということに。

急斜面の細い道をたどって崖の上へ。
橋がかなり下に見える場所まで登りました。




そこからの眺め。
城とその向こうの牧草地や湖が綺麗に見えます。

風も気持ちいいし、とにかく絶景。

でも下りるのは超大変でしたw



さらに翌日。
この日は快晴。

既に隣の街へ移動していたのですが、あまりにも天気が良かったのでもう1回城を観に行こうということに。

ということで、3日連続のマリエン橋。
フットワークの軽さが自慢の2人ですw

土曜日ということで前2日とは比べ物にならない程の観光客で賑わってました。



わざわざ戻って観に行った甲斐あっていい眺め。
思わず崖の上にも、もう1回登ってしまいました。

久々に天気に恵まれた感じがするな~。
やっぱり青空の方が綺麗。


以上で今回の旅行のメインイベントは終了。
もう、おなか一杯って言うくらいこの城を満喫してきました。

おかげで城の名前も街の名前もバッチリ覚えました。
「ノイシュヴァンシュタイン城」のある「ホーエンシュヴァンガウ」。

なんか言いにくいよねww